音楽のレコーディングは奥が深い

基本のレコーディング機材

マイクとは

マイクはもちろん楽器のサウンドを拾う役割をするデバイスですが、そのマイクにはさまざまな種類があります。
 
レコーディングスタジオでは、通常、「コンデンサーマイク」と呼ばれるマイクを使用します。コンデンサーマイクは好感度で、幅広いレンジの音を拾うことができます。漫才のお決まりマイクがこのコンデンサーマイクです。一概には言えませんが、値段は比較的高めです。コンデンサーマイクには電源が必要です。ミキサーなどに備わっているファンタム電源というオーディオインターフェイスから、ケーブルを通して電気が供給されます。
 
マイクの位置は、サウンドを決めるための重要要素となります。ちなみにライブなどでよく使われるマイクは「ダイナミックマイク」と呼ばれるものです。
 
マイクプリアンプとは
アンプはサウンドを増幅するための装置ですが、このマイクプリアンプもその役割をします。マイクプリアンプは、その名前からもわかる通り、マイクのためのプリアンプ。レコーディングスタジオでのレコーディング品質が良いのは、このマイクプリアンプのおかげと言っても良いほどに違いを作り出します。
 
コンプレッサーとは
音量を合わせるために使用する機材がコンプレッサーです。特にボーカルはレコーディングの時に音のレベルにムラが出やすく、音がわれてしまうことがあります。コンプレッサーを使用すると、これを防ぐことができます。
 
インターフェイスとは
コンピューターを使用したレコーディングには必要不可欠な機材がインターフェイスです。インターフェイスは、かんたんに言えば、楽器から出るサウンド(アナログ信号)を、デジタル信号に変換して、コンピューター上で再生、編集できるようにする機械です。クオリティーの高いインターフェイスを使用することで、ちょっとした雑音や音のゆがみを修整することが可能です。